2020年05月11日

バークシャー・ハサウェイの巨額損失、その真実

先日、ウォーレン・バフェット氏が会長を務めるバークシャー・ハサウェイ社の第1四半期決算が発表されました。
その損益が凄まじい大赤字でした。497億ドルの純損失、円に換算すればおよそ5兆円の純損失です。
これは日本でも大きなニュースとなりました。日経新聞でも大きく取り上げられていました。
これをとらえて、かつては投資の神様と呼ばれた男もこの体たらくだ、といった論調の記事をいくつか目にしましたので、いっておきたいことがあります。
これはバークシャー・ハサウェイという会社の実態を表したものなのか?この問いに対する答えは断じて否です。これが今回のラジオの主題です。

posted by SHOJI at 23:36| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

決算情報が活きるとき

肯定的な要素が充満している時は強気に流れ、非合理的なまでに株価を上昇させもするが、逆に先の見えない暗闇のような状態、否定的な要素が充満しているときには極端な悲観に傾く。その結果として株価は下落する。
こんな時に最も効果を発揮するのは決算書を読み解く技術であろうと思う。必要なのは会計の知識である。決算書を通じて会社の実態を見抜くこと。
市場が強気に傾き過ぎているときは、決算書を精緻に読み解いて会社の価値を見極めようとしても、努力の割に大して結果に結びつかない。皮肉なものである。
しかし、市場が総じて悲観に傾いている状態のときには、決算書を読み解く行為がしばしば投資家に大きなチャンスをもたらしてくれる。私は強くそう思う。

posted by SHOJI at 23:31| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

武漢ウイルス(新型コロナウィルス)と複利の話

武漢ウイルス(いわゆる新型コロナウィルス)と複利の話をお届けします。
・日本における感染者数の増加を複利で考えてみます。
・ウイルスによる感染症の真の恐ろしさとは、人の直感を大幅に上回るスピードで、人の生活・命を脅かす点にあります。
・たったひとりの軽率な行動が国を傾ける結果につながりかねません。
・傾国の美女というのならまあ...と男として思わないでもないですが、ただの粗忽者に国を傾けられてはたまったものではありません。極刑に処せ、と思います。



posted by SHOJI at 15:11| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

中国武漢ウイルス(新型コロナウイルス)後の世界

新型コロナウイルス、いわゆる武漢ウイルスの蔓延はたしかに厄介な問題なのだが、あちらこちらで生じていた歪みを暴露してくれたという面がある。
WHOのひどさは想像を遥かに上回った。彼らの無責任な言動は多くの人命を危険に晒した。
また、中国の国際機関への浸透度の深さも私の想像を超えていた。それどころか、日本の政権中枢部にも浸透していると考えた方が良いと知ることができた。
現状を見て、武漢ウイルスのもたらした惨禍を見て、これからの世界を考えるに、中国の影響力、存在感の低下、中国共産党の破滅を予測する。

posted by SHOJI at 18:06| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

旅ラジオ「旅の準備について」

今回は旅ラジオです。
前回のスペイン行から帰国してはや5ヵ月「旅の準備について」をテーマにお届けします。
ところで、これを書いていて驚くことがありました。もう5ヵ月!?そんなに経つの!?という驚きです。
日常の慌ただしさをなめていてはだめなのです。日々を忙しく慌ただしく生きていては、あっという間に人生のときを使い切ってしまいかねません。ラジオをお送りしながら自戒しています。

posted by SHOJI at 00:13| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

会計基準の改悪・純利益情報の劣化について

「会計基準の改悪・純利益情報の劣化」についてお話しします。9分53秒のラジオです。
トヨタ自動車は米国会計基準を適用しています。先日発表されたトヨタの第3四半期決算は、保有する有価証券の市場価格の下落を反映して純利益3割減となりました。有価証券の短期売買を業としているわけでもない会社の純損益までも、株価の変動で左右させるようなルールが導入されたためです。いただけない会計基準の変更という他ありません。会計基準が悪い方向に変化することもあるのだというお話です。

posted by SHOJI at 23:08| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

いつ売るべきか?あるいは即売却処分すべき会社について

持ち株を売るべきときとはいつなのか?
ひとつの答えとして、即時売却処分すべき会社という話をお送りします。
posted by SHOJI at 00:52| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

第1部「局地的バブルとQレシオの話」と第2部・旅ラジオ「バルセロナ・サグラダ ファミリアの話」

第1部・投資ラジオ「局地的バブルとQレシオの話」と
第2部・旅ラジオ「バルセロナ・サグラダ ファミリアの話」をお届けします。


posted by SHOJI at 23:58| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

「投資家として旅する理由」と「世界を支配した人々の戦略」について

いち投資家として旅する理由と、世界を支配した人々の戦略についてお話しします。

・投資で成功したいと思うのなら歴史を学べ、世界をありのままに理解せよ、と教えてくれたのはジム ロジャーズ氏でした。
・世界を支配するとは何を以てという議論はありますが、今回はせっかくスペインを訪れて来ましたので、世界で初めて日の沈まぬ国を築き上げたスペイン・ハプスブルク帝国を念頭に少々考察しました。キーワードは「寛容」です


posted by SHOJI at 07:30| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

会計を熟知した名演出家だった経営者カルロス ゴーン氏

「会計を熟知した名演出家だった経営者ゴーン氏」及び「日産の監査人は何をやっていたのか」についてお話ししますラジオです。

posted by SHOJI at 00:17| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

第一部「四半期決算の存在意義について」第二部 旅ラジオ「ブエリング航空のこと」

第一部:「四半期決算の存在意義について」東京で収録。
第二部:旅ラジオ「ブエリング航空のこと」バルセロナからグラナダへ移動する際に利用した魅力的なLCCについて、カタールのドーハで語りました。

今回も二部構成で、楽しい投資Podcastをお送りします。
ちょうど20分きっかりのラジオです。

posted by SHOJI at 23:16| Comment(2) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

第一部「のれんの膨張と利益の歪みについて」第二部 旅ラジオ「カタールはドーハから」

第一部:決算書から読み解く投資の視点「のれんの膨張と利益の歪みについて」
第二部:旅ラジオ。今回はスペインを訪れて来ました「カタールはドーハ、ハマド国際空港から。ビジネス ラウンジが楽しいのこと」

楽しい投資Podcastをお届けします。
今回は二部構成です。
計15分33秒のラジオです。


posted by SHOJI at 07:34| Comment(2) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

旅ラジオ「オランダのマリファナ事情」

オランダはアムステルダムを訪れてまいりました。今回は旅ラジオです。
株式会社発祥の地オランダは、とても興味深い国でした。
今回の旅ラジオ、テーマは「オランダのマリファナ事情」です。

i-amsterdam-sign.jpg



posted by SHOJI at 23:27| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

子会社が頻繁に変わる会社 - 投資家のための決算書読み解き講座 第4回

リスナーの方から、こんなご質問をいただきました。

---
(ご質問)
いつも楽しく庄司さんのコンテンツを拝見させていただいております。
質問なのですが、現在ある企業の有報を見ております。
その中で「貸借対照表のみが連結対象」という文面がありますが、子会社は利益も合算するのではないのですか?
また、その企業ですが、前期は子会社が存在せず、今期は子会社があり、翌期にはまた子会社が存在しないという状態になっています。
これはどういった意図があるとお思いですか?
---

お答えいたします。



posted by SHOJI at 11:29| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

投資家のための決算書読み解き講座 第3回(最終回)「企業が減資をする理由」

投資家のための決算書読み解き講座 最終回「企業が減資をする理由」をお届けします。

※iTunes の Podcast 管理画面を更新してお楽しみください。

posted by SHOJI at 23:56| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

旅ラジオ 台湾編その3 高雄のレシート宝くじとPM2.5

高雄からお届けいたします旅ラジオ、台湾編・第3弾です。

IMG_4694.JPG
ホテルから眺めた高雄の夜景。

歴史を感じさせる街並み。出会う人々も皆とても感じが良い。ますます台湾が好きになる。



posted by SHOJI at 14:34| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

旅ラジオ 台湾編その2 日月潭のセブンイレブン

IMG_4667.JPG
日月潭(湖)とセブンイレブンで購入したカフェラテ(55台湾ドル)


台湾からお送りします旅ラジオ、第2弾です。日月潭のほとりからお届けしています。
今回は、次のようなことをお話ししています。
・台湾のバスは難度が高いということ
・台湾のセブンイレブンは台湾のスターバックスと同じ会社が運営していること。
-> ゆえにカフェラテがおいしいこと。
・21世紀は中国の時代であろうこと。


posted by SHOJI at 10:34| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

台湾ラジオ 麗しの島便り

IMG_4603.JPG

楽しい投資 旅ラジオ。今回は台湾・台北市からお届けいたします。



posted by SHOJI at 22:23| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

バフェットからの手紙「後継者へのギフト」/読み解き講座「有償減資と配当を理解する」

■「バフェット氏の後継者へのギフト」■「有償減資と配当を理解する」

I. バフェットからの手紙を読む Vol.3「後継者へのギフト」
・2015年版バフェットからの手紙を読む、第3回をお届けします。今回は「バフェット氏の後継者へのギフト」がテーマです。氏の皮肉の効いた表現ではありますが。
・「費用にはリアルな費用と、非リアルな費用とがある。区別せよ」(バフェット氏・談)

II. 投資家のための決算書読み解き講座 Vol.2「有償減資と配当」
・投資家のための決算書読み解き講座 第2回は「有償減資と配当について理解する」です。
・リスナーの方からいただきましたご質問は次の通りです。
---
Q. 有償減資と配当では株主に対して資本を払い戻すという意味では同じではないのでしょうか?どういった違いがあるのでしょうか?(徳島県 二〇代 男性 N.Eさん )
---
はい、お答えいたします。キャッシュが株主のもとに還る、この点では有償減資も配当も同じです。ただし、課税されるか否かという点が異なるります。配当は課税されてしまうのです。
※詳しくはラジオ本編にてどうぞ!あと二重課税問題についても取り上げます。

※iTunes の Podcast 管理画面を更新してお楽しみください。

posted by SHOJI at 18:42| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

バフェットからの手紙を読み[#2], 減資について理解する

berk-ar2015.png
バークシャー・ハサウェイ・アニュアル・レポート 2015 バフェット氏からの手紙が入っています。

I. バフェットからの手紙を読む
・2015年版バフェットからの手紙(Berkshire Hathaway Shareholder Letter )を読む、第2回をお届けします。
・バフェット氏は自社グループの業績報告のなかで、一般に認められた会計原則(GAAP)から逸脱した方法を用いている箇所があると言明しています。
・会計基準のようなルールを遵守することについては厳しい態度をとるバフェット氏。そんな彼が、なぜこのようなことをするのでしょうか?今回はその点に迫ります。

II. 投資家のための決算書読み解き講座 Vol.1
(無償減資とは何か・編)
・急遽設けました新コーナー。リスナーの方からご質問をいただきました。
---
いつも「楽しい投資研究所」のコンテンツを楽しく拝読しております。
質問なのですが、「減資」についてお聞きしたいことがあります。無償減資とはただ単に帳簿上での数字の移動であり、財務体質の改善、または企業価値の減少とは関係ないものなのでしょうか?
(徳島県 二〇代 男性 N.Eさん )
---
というわけで、今回取り上げますは「減資」についてです。無償減資、これはいったいどんな意味を持つのでしょうか?解説いたします。



posted by SHOJI at 11:53| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。