2012年01月29日

#059 投資に最適の時機とは?

先週末に行われたイタリア国債入札、好調だったようで金利が大幅に低下とのニュースがありました。
絶対倒してはならないドミノといった位置づけのイタリア財政です。よかったですね。


突然ですが、ととのいました。

イタリアの金利とかけて「高血圧患者の診断」とときます。

(そのこころは?)

下がってほっとしている。


失礼しました。気を取り直して、本編をどうぞ。


<本編>
※iTunesにご登録いただいている方はどうぞ更新ボタンをクリックして
お聴きください。

音源のMP3ファイルはこちらからどうぞ。
□音源データ MP3(ダウンロードして聴く)
http://1tpc.up.seesaa.net/image/radio1toushi20120129.mp3
(6.0MB)
※保存方法: 右クリック >> 名前をつけて保存



(今回のラジオの主な内容)

・金融庁が投資信託法を見直しの方向で検討を進めているとのこと。個人投資家保護のため、だそうです。

問題になっているのは毎月分配型の投資信託。

このタイプの投信、運用成果はどうあれ、毎月分配されるという仕組みです。

これがセールスポイントになっていたもようだが、実態を見て、何がセールスポイントなのか、という金融商品でもあります(個人的見解です)。

運用で利益が出ていなくても配当を払うというのでは、たこあし配当そのものではないでしょうか。餌がなくて飢餓状態に陥ったタコは自分の脚を食べて飢えをしのぐといいますが(そんな話はうそのようだが)、そういう話です。

もちろん投資する側が得することはありません。得するのは投信を売る側(売って販売手数料を得る側)、運営して信託報酬を得る側、です。

「運用益から分配金が出ていたと思っていたが、投資していた個人が、投信売却時に初めて、元本の大幅目減りに気付く場合も多い」(運用会社の幹部・談)

まさに悲喜劇。無知とは高くつくものです。気をつけましょう。


<まとめ>

・自分が理解できないものには手を出さないようにしよう。

・毎月お金が入って来るから、絶対もうかるからとか、うまい話うますぎる話は、まゆにつばつけて聞こう。

・株式の個別銘柄に投資するというのであれば、株券という紙に投資するのではありません。生きた会社の一部、部分的所有権に投資するのです。

なので、その会社そのものを理解したうえでなければ、投資すべきか否かの判断は下せるはずもありません。投資しようと思っている会社があっても、その会社のことを良く理解できていないのであれば、それは投資にふさわしい時機ではありません。

投資にふさわしい時機は、あなたがその会社のことを深く理解しており、かつ、その価値に見合った価格で(できれば価値を大きく下回る価格で)買える時です。

どちらの条件を外しても、賢明な投資にはなりえないのです。


あなたの知的生産活動の一助になれたら、幸いです。愛を込めて。

(庄司)
posted by SHOJI at 21:25| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

#058 今年の予測 2012年の投資

欧州債務危機のゆくえ。
円高はさらに進むか。ドル安?ユーロは?。
トヨタの業績、株価はどうか。

楽しい投資研究所がお送りするラジオ "楽しい投資 Podcast" 今年もよろしくお願いいたします。




※iTunesにご登録いただいている方はどうぞ更新ボタンをクリックして
お聴きください。


音源のMP3ファイルはこちらからどうぞ。
□音源データ MP3(ダウンロードして聴く)
http://1tpc.up.seesaa.net/image/pod1toushi120109a.mp3
(7.5MB)
※保存方法: 右クリック >> 名前をつけて保存


あなたの知的生産活動の一助になれたら、幸いです。愛を込めて。


[ 2012年 投資に関する予測 ] 楽しい投資ニュースレターより
※楽しい投資友の会 >> http://www.1toushi.com/oc/

・トヨタはアメリカの政治面でのサポートを受けつつ業績を回復、株価を上
げる。ただし条件がありまして、普天間基地移設問題の進展することを要す。


・円高ドル安はさらに進む。対円ユーロ安ももっと進む。ただし日本企業が
受けるダメージはそれほど深刻ではない。


・欧州債務危機は収束の目途も立たない。ギリシャ、スペイン、イタリアの
金利上昇続く。国債安(金利上昇)がさらに他の国へ飛び火する。


・日本国債はさらに格下げ方向。ただし消費税増税の道かたまれば据え置き。


・日本株は上がる、といいたいが、日本国債の格下げ予想や金利上昇懸念と
同時に、日本の金融機関が大量に保有する日本国債の評価減による自己資本
毀損の懸念が徐々に高まり、日本国債持ち過ぎな銀行等の株価が下げ方向で
推移するのではないか。


・ヨーロッパではイギリスの政治的孤立進む。ただし英国民はユーロを導入
しなくて良かった〜と思っている。ポンド比較的安定。


・韓国はウォン安のネガティブな影響(物価高)目立ってくる。北朝鮮の政
情不安と相まって2012年の懸念の中心地として朝鮮半島がアジアの火薬庫と
なっておかしくない。


・北朝鮮政情不安を機会として日米韓の結束強まる。中国は欧州諸国の財政
を支える存在として存在感を高める。同時にヨーロッパブランド保有企業の
株式取得進める。米財務省証券の保有残高も増え、財政面で米国の中国依存
度強まる。自然、米国は対中外交面で控えめな印象を強める。


・アラブの春の余波がユーラシア大陸を横断、民主化運動がモスクワ、北京、
上海でも活発化。中国政府は強力に抑え込もうとするでしょうから、欧米が
批判の声を上げるも、財政面での中国依存度強める欧米諸国は強く出ること
なく、中国共産党政権が倒れるなどということはないでしょう。


最後に(一年前に書いた)十年後予想を挙げて、筆を置きます。

・株価は・・・急激に上昇する機会が増えるだろう。バブルが生起する。
株式市場は過熱する。誰もが株式を買おうとする時期がしばらく続いた後に、
株価は暴落する。バブルの膨張とバーストは懲りずに繰り返される。けれど
10年前より世界はずっと便利で良いものになっているのです。

(了)


※"楽しい投資Podcast"を iTunes に登録する方法
---
推奨:iTunes(↓ダウンロードサイト(無料)はこちら)
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

■"楽しい投資Podcast"をiTunesに登録する方法

1.iTunesを起動する

2.メニュー・バーの「詳細設定(A)」をクリック。

3.「ポッドキャストを登録」をクリック。

4.「ポッドキャストを登録」画面に次のURLをコピーして貼り付ける。

http://1tpc.seesaa.net/index20.rdf
(このURLをiTunesなどのポッドキャスティング対応音楽再生ソフトにドラッグ&ドロップするだけでもOK)

5.「OK」をクリック。(完了)

posted by SHOJI at 12:09| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。