2006年02月20日

#009 '06年2月20日号 『投資信託の選び方』

<きょうのポイント>

・投資信託(ファンド)を使えば、少額からでも幅広い分散効果を享受できる、
 ありがたくも便利な投資商品/

・集中投資はハイリスク。分散投資によって日々の価格変動リスクを抑制しよう/

・「投資のプロ」ファンド・マネジャーはあなたが雇う専門家/

・投資信託を保有する代表的コスト「信託報酬」/

・投資のプロはその大半が市場平均に勝てない(勝てていない)という現実/

・株式市場に機能する重力の法則「平均への回帰 (Reversion to the mean)」/

 ★おすすめの本「インデックス・ファンドの時代」J・ボーグル著
  → http://tinyurl.com/k5abz

・ボーグルのことば
「長期的に見れば、よく分散投資された株式ポートフォリオが提供するリターンは、
 株式市場の平均のリターンにかなり近付くが最後にわずかに及ばない」

・コストが投資資産に与えるインパクト(シミュレーション)
当初元本10万円、年間利回り8%、投資期間40年間

年間コスト0% → 217万円
年間コスト2% → 103万円
年間コスト4% → 48万円

【結論】投資信託を購入する際、私たちが最大の注意を払うべきもの、それはコストである

(まとめ)
☆ コストは確実に発生するマイナスのリターン

☆ コストも複利で私たちの投資資産に(ネガティブな)影響を与える

☆ 将来不確実なリターンよりも、確実に発生するコストを最小限に抑えよう

☆ 過去の実績よりも安いコストで投資を続けられるファンドを選ぼう

 → iTunes の Podcast 管理画面 を『更新』してお楽しみください


リスナーからのおたより紹介(「インフレの話に考えさせられました!」)
(参考記事)2005年12月26日号 『投資家の宿敵 インフレ』
 → http://1tpc.seesaa.net/article/11052634.html

おたよりどうもありがとう。嬉しいです!(SHOJI)


posted by SHOJI at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13502989
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック