2006年03月29日

#013 '06年3月29日号 『バブルに踊らされる理由:バッファロー化現象』

【バブルの話 第2弾】
・アメリカインディアンの獲物バッファロー。その狩猟テクニック

・利用するのはバッファローが持つ行動パターン

・特徴その1:バッファローの目は前方よりも側面が見やすい位置にある

・特徴その2:バッファローが驚いて逃げるとき、頭を低く下げて走る。よって
 前方を見ることができない

・これらの特徴を利用し、バッファローを崖に誘導、群れごと断崖から転落させる

・これと似たようなことを、私たち人間もしばしばやってしまいがち

<(人間の)群集が見せる行動パターン>
・特徴その1:多くの人々が同じような行動をとっていると、彼らはきっと自分には
 知らない何かを知っていて、その上で行動していると考えてしまう

・特徴その2:自身がある物事について確信がもてないとき、周囲の人々の集合的な
 行動を過度に信用してしまう

・私たちがバッファロー化することを未然に防ぐために感情の安定が必要

・感情の安定化のためには対象への正しい理解が有効。対象とは会社そのもの

・会社そのものの理解のために決算書を読み解く

・要は自分なりに会社を理解するということ

・理解が深まれば、周囲に流されるという危険性は(かなり)減少する


(まとめ)
☆ 確信を持てない瞬間こそ、投資家にとっての逢魔が刻

☆ ときに私たち人間は「バッファロー化(群衆化)」してしまう

☆ バッファロー化を未然に防ぐために、正しい知識を仕入れよう

☆ 決算書を読み解き、投資先を自分なりに理解しよう


(今回の参考文献)「影響力の武器」ロバート・B・チャルディーニ著


posted by SHOJI at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15657895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック