2006年06月14日

#018 '06年6月14日号 『株価急落。パニックの中に買い場あり』

・ただいま新潟に来ています。新潟のホテルからお送りします

・株価急落、市場を覆う悲観はたまたパニック的売りの連鎖

・私の持株も、例にもれず、下げています

・しかし、幸いなことに、悲しかったり悔しかったりする感情とは無縁です

・下げてはいても、市場全体から見れば、その下げ幅は小さくて済んでいます
(幸いなことです)

・なぜか?と考えました。おそらくその理由は、投資先企業の選別にあるの
ではないでしょうか?

・ちなみに、私の好む会社はこんな会社です・・・

(1) 高い利益率の会社

(2) 優れた過去の実績を持っている会社

(3) 足腰の強靭な財政状態の会社

(4) 誠実で、信頼に足る経営者がかじ取りをする会社

・もちろん、将来性あるビジネスであることが大前提ですが、ある種実験的な
試みとして投資を行っている私としては、好ましい状況に満足している今日この頃です

・そしてこの急落場面は、もしかしたらよい投資機会(チャンス)なのかもしれません

・私もおよそ半年振りに、魅力的に思える会社の株を買い増しました

・いろんなスキャンダルも、ひとつの反面教師として、私たちの投資活動、
投資家としての生活に活かしていきたいものですね

posted by SHOJI at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック