2011年11月05日

渦中のオリンパス。有報に見るその企業価値

今回取り上げますは、ただいま渦中のオリンパスです。
過去に行われた巨額の買収について、新旧経営者の間で非難合戦の様相を呈している会社ですが、その有報(有価証券報告書)を読んでみました。

1. 主要な経営指標等の推移を概観してみる

H23/3期末時点で、自己資本比率15.4%。自己資本利益率は直近5期を見るに、-44.4%〜25.8%と変動幅大きい。連結売上高はH20/3期をピークに右肩下がり傾向。経常利益も同様の動き。

2. セグメント別にどれだけ稼いできたのかを見てみる

セグメント区分別の営業利益推移は次の通り。一般的にいって、オリンパスといえばデジカメを連想するものだが(特に私の場合)、デジカメを含む映像事業の利益への貢献度はさほどでもない。オリンパスが何で稼いでいるかといえば、一目瞭然、医療ビジネスである。ちなみにウッドフォード前社長は、その経歴を見るに、一貫して医療ビジネス畑を歩んできた人物である。

3. 監査について概観してみる

会計監査人は新日本有限責任監査法人(海外における会計監査はErnst & Youngが担当)
・H23/3期有価証券報告書に付された監査報告書は無限定適正意見。
・H21/3期まではあずさ監査法人が監査を担当。会計監査人が変わるとき、退任となる監査人は意見を述べることができる。当該異動について、あずさ監査法人は、特段の意見はないとした旨、有報には記されている。


有価証券報告書は、投資家にとって一級の投資情報です。積極的に読んでいくことをおすすめしますよ。

※元データ(MP3)はこちらに置いておきます。
ラジオ音声ファイル(MP3) 12MB

※直接お聴きになりたい方はこちらからどうぞ。

posted by SHOJI at 17:45| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。