2006年10月06日

#025 『現代投資家への福音?インデックス・ファンド』

前回は友の会・会員の方から寄せられたメッセージをきっかけに、インデックスファンドを取り上げました。

私も大好きなインデックスファンド、10分やそこらで語りつくせるものではありません。

なので、今回は、その続きとしてお送りいたします。

-----------------------------------------------------------------
[ 楽しい投資友の会・会員の方からいただいたメッセージ ]
5年から10年のスパンでインデックスファンドに投資を考えています。
リターンは5〜6%程度を目標にしています。
参考になる情報があればありがたいと考えています。
(H.K さん 東京都 60代 男性)
-----------------------------------------------------------------

(問)インデックスファンドに投資する最大の利点とは?

(答)それは圧倒的に低いファンド保有コスト。


[ 私の場合のお話です ]
2001年の5月から2003年9月まで、タイミングをずらしながら、インデックスファンドへ投資を重ねました。いわゆるドルコスト平均法的っていうやつです。

その後、保有を継続。すると・・・


[ その結果 ]
現時点において、このインデックスファンドにかかる含み益は+55%(税引き前)。

2006年10月まで、ざっくりと平均保有期間4年と考えて、+55%となると、
複利で考えても、年率平均 9.1% という成果を得ているということになります。(初期に投資したものだけを考えてみれば、+70%超という計算に)

・・・この先も楽しみではあります。

インデックスファンドに投資する上で、特筆すべきは、ただ淡々と定期的に投資し続けるだけ、という点です。


頭を使う必要が一切ないのです!


投資先を選別するために、勉強したり、調べたり、タイミングを見計らったり、そんなことに時間やお金をかけることは一切なくしてこの利回りです。

まだまだデータとして用いるには短すぎるものの・・・

過去のインデックス運用の実績を鑑みつつ、「インデックスファンドに機械的に投資し続ける」ということの魅力は、21世紀を迎えた現代においてもまだまだ色あせていないといえるのではないか?。

このことを、わが身を通じて、体感しているところです。



posted by SHOJI at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25000629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック