2015年03月30日

決定的なタイミングをあなたはとらえられるか(株式投資実験報告-第3回)

Listening_Girl2.jpg

第1部:日経平均とTOPIXについて
実験ファンドの基準価格推移グラフ(日経平均、TOPIXと比較)を見ていて思ったのだが、2002年から2008年まではTOPIXも日経平均も歩調を合わせている。米住宅バブル崩壊からの回復の過程で、日経平均がTOPIXを引き離している。なぜだろう?

第2部:決定的なタイミング、クリティカルな年の重要な15日間について
・2001年末、TOPIX連動型投信に100万円投資した場合、13年後の2014年末には元本163.5万円となった。+63.5%である。
・この13年間で最もリターンが大きかったのは2013年の+54%だった。
・2013年において最も株価が上げた上位15日間を考えてみる。仮にこのタイミングを逃したらどうなったか?

実験レポート・ダウンロード
・株式投資実験レポート2014年版は、楽しい投資研究所HPからダウンロードしていただけます。こちらからどうぞ

365日メール・セミナー
ラジオでお話ししましたメール・セミナー・プログラム「決算書に強い投資家になるための365ヵ条」はこちらからご登録いただけます



※イメージ提供元
Image courtesy of photostock at FreeDigitalPhotos.net
posted by SHOJI at 00:06| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。