2007年07月04日

#036 『スティール投資先の株価下落。その理由』

SHOJIです。
このところ、スティールパートナーズの投資先が一様に下げています。
スティールが株主となっている企業が相次いで買収防衛策を導入したことにより、スティールがTOBを取り下げるのでは?との観測から株価が下げている、との見方が多いみたいですね。

けれど、本当にそうなのでしょうか?

いち投資家(投機家)の動向で株価が動いた、というのはどうも浅はかなとらえ方に思えてしようがありません。
個人的には、スティール関連銘柄の株価の低迷は、企業の本質的な価値の下落を反映したものであるととらえます。

そんなわけで今回は、買収防衛策の導入が株式価値に与えるインパクトについて、考えてみたいと思います。



[ SHOJI ]


★ iTunes の Podcast 管理画面 を『更新』してお楽しみください。


posted by SHOJI at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46770108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック