2016年04月02日

バフェットからの手紙を読み[#2], 減資について理解する

berk-ar2015.png
バークシャー・ハサウェイ・アニュアル・レポート 2015 バフェット氏からの手紙が入っています。

I. バフェットからの手紙を読む
・2015年版バフェットからの手紙(Berkshire Hathaway Shareholder Letter )を読む、第2回をお届けします。
・バフェット氏は自社グループの業績報告のなかで、一般に認められた会計原則(GAAP)から逸脱した方法を用いている箇所があると言明しています。
・会計基準のようなルールを遵守することについては厳しい態度をとるバフェット氏。そんな彼が、なぜこのようなことをするのでしょうか?今回はその点に迫ります。

II. 投資家のための決算書読み解き講座 Vol.1
(無償減資とは何か・編)
・急遽設けました新コーナー。リスナーの方からご質問をいただきました。
---
いつも「楽しい投資研究所」のコンテンツを楽しく拝読しております。
質問なのですが、「減資」についてお聞きしたいことがあります。無償減資とはただ単に帳簿上での数字の移動であり、財務体質の改善、または企業価値の減少とは関係ないものなのでしょうか?
(徳島県 二〇代 男性 N.Eさん )
---
というわけで、今回取り上げますは「減資」についてです。無償減資、これはいったいどんな意味を持つのでしょうか?解説いたします。



posted by SHOJI at 11:53| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

2015年版バフェットからの手紙を読み、イスタンブルでインフレを考える

IMG_1812.JPG
イスタンブル新市街イスティクラル通り沿いのスターバックスにて

・2015年版バークシャー会長からの手紙を読んでいる。面白くてたいへん勉強になる手紙である。しかも無料なのだ。読まいでか。
・成功し続けている投資家は複利で物事を考える。
・インフレーションへの警戒を怠ってはならない。
・昨年秋に訪れたイスタンブルのタクスィム広場近く、イスティクラル通りで爆弾テロ騒ぎが起こった。残念で悲しいできごとである。
・イスタンブルのイスティクラル通りで収録した未公開ラジオを合わせて公開する。
【まとめ】投資家にとって大切なのは複利思考とインフレへの対処、そして現実的楽観である。



【365日メールセミナー】決算書に強い投資家になるための365ヵ条
---受講者さまの声---
毎朝来るメールが本当に楽しみでした。大変勉強になりました。単なる学校の勉強ではなく、現実ベースで、表と裏も教えて頂き、投資に留まらず仕事でも教養としても役に立ちました。
広島県 39歳 T.K様
■もっと詳しく■
※100%満足保証を設けています。

IMG_1818.JPG
イスタンブルのイスティクラル通りを走るトラム

BGM:MusMus http://musmus.main.jp

posted by SHOJI at 19:37| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

気になる会社を、固定資産から読み解く方法

ID-10035776.jpg

「気になる会社があります。その会社の持つ固定資産の価値は、どのように判断すれば良いのでしょうか?」

読者の方からご質問を頂きました。

いい質問ですねぇ!お答えいたします。

というわけで今回は、「固定資産から会社のストーリーを読み解く」をテーマに、ショート・セミナー形式でお送りいたします。



久しぶりにトーキョーからお届けしています。

※イメージ提供:
Image courtesy of Vichaya Kiatying-Angsulee at FreeDigitalPhotos.net
posted by SHOJI at 23:40| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ウィーンを訪れて III - 穏やかなオーストリアの人々と難民問題

IMG_2556.JPG

ウィーン編の第3回です(2015年10月7日収録)。今回取り上げるのは、次のような事柄です。

・地政学上の優位性を持つ国(トルコ)に投資すべきなのか、その結論について。
・通貨安が進む国への投資について。
・難民問題の影響について。当事者不在の騒々しい雰囲気。
・穏やかで親切なオーストリアの人々。
・オーストリアはビールとワインが安くておいしい。

posted by SHOJI at 13:34| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィーンを訪れて II - 株価の乱高下を好機ととらえた話

IMG_2860.JPG

楽しい投資・旅ラジオのウィーン編、第2回です(2015年10月7日、朝収録)。
今回は、ウィーン市内の K+Kホテル・マリア・テレジアより、次の事柄を取り上げて、お届けしています。

・米FRB利上げを控えての株価の乱高下、これは好機ととらえられる(とらえられた)こと。
・脆弱性を指摘され続けながらも、意外と手堅い通貨ユーロについて。
・通貨安の進むトルコ。通貨価値の不安定な国の現状について。
・イスタンブルのホテル代金をトルコ・リラで支払って得した話。


posted by SHOJI at 13:23| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

ウィーンを訪れて I - 朝のウィーンから

IMG_2850.JPG

楽しい投資研究所の旅ラジオ。イスタンブルからザルツブルクへ飛び、そしてウィーンにたどり着きました。早朝のウィーンを歩きながら、お届けします。


posted by SHOJI at 15:37| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

イスタンブルより愛を込めて VII - 夜のブルーモスク

IMG_1932.JPG

イスタンブルへの旅ラジオ。夜のブルーモスクよりお届けしています。
・クルバンバイラム2日目、夜のブルーモスクを訪れて感じたこと。
・イスラーム文化に触れて。
※投資の話ではございません。


posted by SHOJI at 02:38| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブルより愛を込めて VI - イスラーム教の礼拝

IMG_1645.JPG

旅ラジオです。クルバンバイラムの初日、スルタンアフメット広場よりお届けしています。
・早朝のスルタンアフメット・ジャーミィ(通称ブルーモスク)にて。礼拝に集うイスラーム教信者の方たちを見て感じたこと。
※投資の話ではございません。

posted by SHOJI at 02:33| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブルより愛を込めて V - 「犠牲祭」始まる

IMG_1668.JPG

早朝のイスタンブルより、旅ラジオをお届けします。
・クルバンバイラムが始まりました。日本では「犠牲祭」と意訳されるイスラム教の祝日(四連休)です。
・日本の正月のように親戚一同集まる時期とのこと。なるほど、トプカプ宮殿の人出が尋常でなかったのはそのためですか。
※投資の話ではございません。

posted by SHOJI at 02:05| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

イスタンブルより愛を込めて IV - イスタンブルの猫

IMG_1612.JPG
イスタンブルの金角湾に臨む公園からお届けします。
今回の内容は主に次の通りです。

・日経平均暴落について思うこと
・FRBの本質について思うこと
・イスタンブルは猫の帝都らしきこと

キュートな猫画像を見ながら、どうぞ。

posted by SHOJI at 00:46| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブルより愛を込めて III - アザーンを聞きながら

1682.JPG

旅ラジオ、イスタンブル編の第3回です。
※投資の話はございません。

イスタンブルのスルタンアフメットジャーミィとアヤソフィアの間から、お届けします。
アザーンを聞きながら、どうぞ。


posted by SHOJI at 00:30| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

イスタンブルより愛を込めて II - ブルーモスク

IMG_1243.JPG

早朝のイスタンブルより、ブルーモスクの美しさについて語ります。投資の話ではありません。
多少息切れしているのは、坂道を上って来たためです。イスタンブルは坂の多い街なのです。


posted by SHOJI at 23:17| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブルより愛を込めて I - 憧れのボスフォラス

IMG_1517.JPG

トルコはイスタンブル、ボスフォラス海峡沿いの野外スタジオよりお送りしています。

今回は、次のようなお話をお届けします。

・地政学上の要衝としてのイスタンブルについて
・テクノロジーの進歩と都市の重要性について
・トルコへの投資について(とくにトルコリラについて)


posted by SHOJI at 23:09| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

タイ・ラジオ:市場参加者は逃げ足が速い(株式投資実験報告・第4回)

ID-100125905.jpg

今回は、タイのデュシタニ・ホアヒン・スタジオ(Dusit Thani Hua Hin Hotel)からお送りしています。

第1部:決定的なタイミングについて
・最良の年のベスト15日間と、最悪の年のワースト15日間を比べて見たところ、1日当たりの変動率は、下げるときの方が圧倒的に大きかった。2013年のベストは6月10日で+5.2%、対して2008年のワーストは10月16日の△9.6%である。市場参加者は逃げ足が速いのだ。

第2部:米住宅バブルが破裂する前の株価上昇期(暴落直前)に感じたことについて
・そしてその後に学んだことについて。

第3部:Hua Hinより近況報告
今回のラジオはタイのホアヒンよりお届けしています。
・近況報告。きれいな海と美しい月、すごいホテル。

実験レポート・ダウンロード
・株式投資実験レポート2014年版は、楽しい投資研究所HPからダウンロードしていただけます。こちらからどうぞ

365日メール・セミナー
ラジオでお話ししましたメール・セミナー・プログラム「決算書に強い投資家になるための365ヵ条」はこちらからご登録いただけます



※イメージ提供元
Image courtesy of marin at FreeDigitalPhotos.net
posted by SHOJI at 03:16| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

決定的なタイミングをあなたはとらえられるか(株式投資実験報告-第3回)

Listening_Girl2.jpg

第1部:日経平均とTOPIXについて
実験ファンドの基準価格推移グラフ(日経平均、TOPIXと比較)を見ていて思ったのだが、2002年から2008年まではTOPIXも日経平均も歩調を合わせている。米住宅バブル崩壊からの回復の過程で、日経平均がTOPIXを引き離している。なぜだろう?

第2部:決定的なタイミング、クリティカルな年の重要な15日間について
・2001年末、TOPIX連動型投信に100万円投資した場合、13年後の2014年末には元本163.5万円となった。+63.5%である。
・この13年間で最もリターンが大きかったのは2013年の+54%だった。
・2013年において最も株価が上げた上位15日間を考えてみる。仮にこのタイミングを逃したらどうなったか?

実験レポート・ダウンロード
・株式投資実験レポート2014年版は、楽しい投資研究所HPからダウンロードしていただけます。こちらからどうぞ

365日メール・セミナー
ラジオでお話ししましたメール・セミナー・プログラム「決算書に強い投資家になるための365ヵ条」はこちらからご登録いただけます



※イメージ提供元
Image courtesy of photostock at FreeDigitalPhotos.net
posted by SHOJI at 00:06| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

投資のリターンの大部分は絶望のどん底のなかから生まれる

Listening_guy.jpg
今回のラジオのテーマ
前回に引き続き、株式投資実験の結果報告(といいますか途中経過報告)を行います。

取り上げるテーマは主にふたつです。
・株式投資実験から得られたもの
・IFRSを任意適用する日本企業経営者の意図

投資実験のなかで考えたこと、気付いたこと
・2008〜2009年頃に取得した会社の株のリターンが大きい(株価が上昇して大きな含み益が出ている)。
・皆が絶望に沈んでいる時期が最高の投資タイミング、というのは正しかった。ただ、その絶望のなか積極的に動くのはたしかに難しかった。精神的にタフでなければ(あと、そのとき十分なキャッシュを持っていないことには)できたものではない。
・ある意味、米住宅バブルの崩壊・世界中を巻き込んでの信用危機、という悪夢の数年間があったからこそ、実験ファンドの現在があるといえる。
・今にして思えば、当時もっともっと積極的に動いておけばよかったとは思うが、あのときはこれで精いっぱいだったのだ。投資のリターンの大部分は絶望のどん底のなかで生まれるのだと体で理解できたのが一番の収穫だった。

ラジオ音声


実験レポート・ダウンロード
・株式投資実験レポート2014年版は、楽しい投資研究所HPからダウンロードしていただけます。こちらからどうぞ。

365日メール・セミナー
ラジオでお話ししましたメール・セミナー・プログラム「決算書に強い投資家になるための365ヵ条」はこちらからご登録いただけます

*Image courtesy of imagerymajestic at FreeDigitalPhotos.net
posted by SHOJI at 23:31| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

投資家は決算書を読むことで経済的果実を得られるのか?答え:YES

Listening_woman.jpg
今回のラジオのテーマ
株式投資実験から得られた洞察をお届けいたします。
2014年末で実験期間は丸13年になりました。

実験レポートの要約
・実験のテーマは、決算書(主に有報)を読み込んで投資先を選別、長期投資に徹することで、長期的に市場全体を上回るリターンを得られるか否か、というもの。
・2014年は市場全体に勝った。市場全体(TOPIX)が+9.4%であったのに対して、実験ファンドの利回りは+19.5%である。二桁の差をつけての圧勝といっていいのではないか。
・実験期間は2014年末で丸13年となった。実験結果は当初の仮説を支持するものとなった(なっている)。
・直近13年間を見れば、インフレ/デフレ調整後USドル換算後では、実験ファンドは複利ベース年率+7.2%のリターンを得た(円建てでは+6.5%)。一方、日本株は市場全体で見て複利ベース年率+4.5%のリターンである(円建てでは+3.9%)。
・なぜ勝てたのか?市場全体に比べて収益性高く、財務の足腰が強い会社群を選んで投資し続けてきたのだから、当然の結果ともいえる。

結論
・決算書をしっかり読んで投資先を選別した結果、市場全体を大きく上回る成果が得られている。決算書を読み込むことは、投資家に追加的な経済的リターンをもたらす合理的な行動といえそうだ。

ラジオ音声


実験レポート・ダウンロード
・株式投資実験レポート2014年版は、楽しい投資研究所HPからダウンロードしていただけます。こちらからどうぞ

365日メール・セミナー
ラジオでお話ししましたメール・セミナー・プログラム「決算書に強い投資家になるための365ヵ条」はこちらからご登録いただけます

ご興味がおありの方は是非どうぞ!

※Image courtesy of Charisma & marin at FreeDigitalPhotos.net
posted by SHOJI at 23:41| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

#70 バフェットの敗北

バークシャー会長からの手紙(いわゆるバフェットからの手紙)が公開される季節になりました。個人的にはワクワクしながら手紙の公開を待っています。
今回のラジオは、それに先駆けまして、「バフェットの敗北」と題してお届けいたします。

posted by SHOJI at 05:15| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

ロンドン・ラジオ

ロンドンからお届けします、ラジオです。
posted by SHOJI at 23:19| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

#68 決算書を読めば、これから上がる株がわかるのですか?

この週末から、少々日本を離れます。遅い夏休みです。フランスとイギリスまで足を
のばして来ます。

滞在するのはパリとロンドン。ロンドンは一〇年ぶり2度目の滞在、パリは初めて。
大英博物館には二日かけます。ルーブル美術館も丸二日かけて見て廻る予定です。楽し
みです。

このような時間と旅費を捻出できるのも、投資を行ってきたおかげです。十数年前に
小さな額から始めた投資が、今では生きていく上で、なくてはならぬ大きな存在となり
ました。バフェット氏、ロジャーズ氏、監査法人の諸先輩方に学んだ知識が、今の自分
を支えてくれています

今回は、次の内容でお届けいたします。

□ご質問「決算書を読めば、これから上がる株がわかるのですか?」
□投資家の知覚には個人差がある理由
□「バフェットの謎」読者さんからのおたよりご紹介
□旅と投資は似ているという話

※iTunesにご登録いただいている方はどうぞ更新ボタンをクリックしてお聴きください。



posted by SHOJI at 17:55| Comment(0) | Podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする